読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

直プリンの多幸感を知って

お口に直にぷっちんプリンをした時の幸福感。そんな感覚をまた得られるように様々な体験をしていくブログです。

世界大会に向けて『大宮盆栽美術館』で盆栽の教養を身に付けに行ってきた。

さいたまで来月末に第8回世界盆栽大会が開催されます。

 

世界盆栽大会とは世界中の盆栽愛好家が一堂に集い学び交流する大会で、1989年盆栽の故郷さいたま市(旧大宮市)で第1回が開催されました。

その後、4年おきに世界各国で開催が引き継がれ、盆栽の普及と国際親睦に大きく貢献してきました。そして2017年、28年ぶりに世界大会発祥の地さいたま市で開催されこととなりました。

 

開催期間は2017年4月27日(木)~4月30日(日)で、メイン会場はさいたまスーパーアリーナ大宮ソニックシティ/パレスホテル大宮です。

 

また記念開催として日本の盆栽・水石の粋を一堂に集めた世界最高峰の展示会「日本の盆栽水石至宝展」が4月28日から4月30日までさいたまスーパーアリーナ コミュニティアリーナで開催されます。

日本全国より300席を超す名作が出品される世界最高峰・最大規模の展示会です。

入場料は前売り800円、当日1000円となっております。

 

盆栽は前々から興味があり敷居の高さを感じてしって躊躇していましたが、とても良いタイミングだったのでまずはさいたま市にある大宮盆栽美術館に行って教養を出来るだけ身に付けに行ってきました!

 

 

大宮盆栽美術館!!

f:id:souemon:20170330203245j:plain

 

ロビー

f:id:souemon:20170330203417j:plain

f:id:souemon:20170330203610j:plain

館内の撮影はロビーと庭園の一部のみ可能となってます。

展示されている盆栽等は公式ホームページのギャラリーに画像が乗っています。

http://www.bonsai-art-museum.jp/collection/

 

 

 

展示室入り口付近には盆栽に関する解説パネルが設置しており初心者の方でも楽しめる様になっています。

また受付にて利用料金300円の4か国語(日・英・中・韓)対応の音声ガイドがあります。各盆栽の詳しい解説を聞けます。

 

 

 

盆栽の基本知識

 

「盆栽は緑の芸術」

①鉢と植物の美術的調和

②盆上に自然の景色を描く

③鉢の中で自然の摂理を繰り返す

この3つの条件が求められるそうです。

 

「表と裏」

盆栽には表(正面)とうらがある。

横から見た際に前傾姿勢になる側を正面とし、正面から鑑賞することを前提に樹作りをする。

 

「流れ」

直幹(天に向かってまっすぐに伸ばす事)以外は左右のどちらかに流れをつけるのが基本。

 

「頭にボリュームを持たせる」

頭の枝葉を密に茂らせることで老木らしい落ち着いた姿に仕立てる。

 

「輪郭を不等辺三角形に整える」

左右への流れを強調させたり、動きを出す為に輪郭線を二等辺三角形に整える。

 

「葉性」

大木感への効果の為、葉が小ぶりの個体の方が価値が高い。

 

などなど。

 

 

 

プロローグエリアを抜けるとギャラリーがあり、解説と共に5席の盆栽が展示されています。ギャラリーの次には座敷飾りがあります。

伝統に基づき真・行・草と言う三つ形式によって作られた座敷があります。

 

室町時代になり、室内に書画や工芸品を飾り付ける基本的な様式が整い、江戸時代に「真」「行」「草」の格式に分けれるようになり、それぞれに合わせた飾り方が工夫されました。また「真」「行」「草」は中国の書道に由来する伝統の方の種類です。

「真の間」・・・最も格の高い様式。格調高い盆栽を飾るのにふさわしい座敷。

「行の間」・・・中間に値する様式。

「草の間」・・・崩して動きを持たせた様式。動感豊かな盆栽を飾るのに適している。

 

 

 

建物の外に出ると今日の一枚(撮影コーナー)と盆栽庭園があります。

f:id:souemon:20170330215150j:plain

f:id:souemon:20170330215159j:plain

f:id:souemon:20170330215209j:plain

f:id:souemon:20170330215223j:plain

 

盆栽庭園には大宮盆栽美術館最大の盆栽、五葉松「千代の松」を筆頭に様々な盆栽が飾ってあります。また360度すべての方向から見ることも出来ますので正面だけでなく背面にも注目です。

 

ロビーに戻り本館の2階からは、この盆栽庭園を一望することも出来ます。

オリジナルグッズショップや駐車場付近には盆栽販売所もあります!

 

 

 

まだまだ盆栽の素晴らしさを深くまで知っている訳では無いですが、大宮盆栽美術館で実物を見ることで盆栽の芸術性に触れ興味がとても加速しました!

4月末の世界盆栽大会までに知識を出来るだけ蓄え、感性も鍛えて臨みたいです。

また実際に自分でも盆栽を育ててみたい気持ちも高まりました!!