直プリンの多幸感を知って

お口に直にぷっちんプリンをした時の幸福感。そんな感覚をまた得られるように様々な体験をしていくブログです。

幸手権現堂桜堤でお花見してきた!-青空・桜・菜の花の鮮やかな色彩の三重奏-

4月はお花見の季節、各地に有名スポットがあり何処に行こうか毎年悩む人も多いと思います。

僕は今年実際に行ってみて、埼玉県幸手市にある幸手権現堂桜堤をオススメします!!

 

 

 

東京から最寄り駅の幸手駅までは往復で約1800円で駅から権現堂までの往復バス料金360円と合わせて交通費は2200円程度です!

 

車では首都高速川口JCT東北自動車道へ、久喜ICから県道3号、152号など経由で20分程度です。圏央道幸手ICからは10分程です。カーナビの設定は「幸手市北公民館」にすると公民館裏反対側の権現堂公園及び駐車場にアクセスしやすいです。

10時~16時、夜桜鑑賞時間帯の日没~22時は渋滞が予想されるので注意が必要です。

 

また駅から徒歩で向かうと30~40分程度になります。

日光街道の宿場町として栄えていたのでノスタルジックな景色であり、古き時代を巡るようなレトロ散歩を満喫できます。

 

幸手は、江戸時代になり日光街道が整備されると幕府より人馬の継げ送りを命じられ宿場となったそうです。また日光街道だけでなく、将軍家による日光社参の道である日光御成道との終着点でもあり重要地であったと考えられているそうです。

 

 

 

 僕は4月5日(水)に行きました!

f:id:souemon:20170407023127j:plain

約1kmの並木道には1000本を超える桜があり、脇には菜の花畑が広がっています。

f:id:souemon:20170407023609j:plain

 

 

空の水色と桜のピンク、菜の花の黄色がとても綺麗なコントラストをしていて絶景です!

f:id:souemon:20170407020819j:plain

 

f:id:souemon:20170407021320j:plain

 

f:id:souemon:20170407022023j:plain

4月5日の開花状況は権現堂公園のサイトだと6~7分咲でした。

次の日4月6日には満開と掲載されていましたので週末の金土日は大変見頃でしょう!!

 

 

 

 公園内には、平成12年に行われた第12回さくらサミットin幸手での記念植樹の全国様々な種類の桜があります。

それらの一部の写真も掲載しておきます!!

f:id:souemon:20170407022712j:plain

f:id:souemon:20170407022744j:plain

f:id:souemon:20170407022757j:plain

f:id:souemon:20170407022804j:plain

 

 

 

幸手市が埼玉三俳人と言われた中野三充のふるさとであることから、桜まつり俳句コンクールが開催されています。去年の優秀作品と思われる俳句が掲示されていました!

f:id:souemon:20170407024013j:plain

 

 

 

権現堂公園は桜で有名ですが桜の季節が終わっても四季折々の景色が観れるようにと6月中旬にはアジサイ、9月下旬には曼殊沙華、2月上旬には水仙が堪能できるようです!

権現堂公園の違った顔も見てみたいので機会を作って訪れてみようと思います!